>

事務処理能力をアップさせる5つの方法

事務処理能力をあげる!5つのポイント

効率をあげるテクニック

すぐできる整理術

「この書類はまだ確認してもらってないな」「これはいつ提出だっけ?」。
忙しく働いていると、ついつい作業の進行状況を見失ってしまうこともありますよね。
作業中にどんどん新しい仕事が増えててんてこまい、なんてことはありませんか?

こういった状況に陥らないための、ちょっとしたテクニックをご紹介します。
例えば、書類関係の整理です。
色や形などの違うクリアファイルをいくつか用意し、それぞれに「未着手」「確認中」「承認待ち」「完了」といった区別をつけておきます。
そこに書類を分類することで、自分の作業状況が一目瞭然です。
自分がすべきことが見えてきますし、机の上もすっきりとするのでおすすめです。
ちょっとした工夫ですが、意外と大きく作業効率が上がるので、ぜひ試してみて下さいね。

ドキュメントを作成しよう

慣れない作業をするときは、どうしてもその手順やコツが手探りになってしまいます。
最初のうちは仕方ないとはいえ、どうしても効率的に仕事をしたいという方にとってはネックなのではないでしょうか。
特に、引き継いだばかりの仕事では多いですよね。

自分の仕事を引き継ぐ人がそういった状況に陥らないように、引き継ぎ書のようなドキュメントを作成しておくことをおすすめします。
自分が仕事をするときに疑問だったことをドキュメントとして残しておくことで、次に仕事をする人の些細な疑問も解消できます。
また、人に説明するために書くわけですから、ある程度自分の仕事をシステム化する必要があります。
そのため、自分の業務を整理するきっかけにもなります。


このコラムをシェアする